top of page

事務局便り(11月)

錦秋の夜長を迎え、朝晩は、だいぶ冷え込んで参りました。2022年度は、概ね、3月までの予算を達成したので、中経の前倒しで2023年度の目標に取り組んで参ります。

 それにしても、地政学リスクと金融不安もあって、円安・物価高が一層顕著になって来ました。もう一度リスク管理を見直し新年を迎えましょう。

関連記事

すべて表示

新秋9月は上期IPO・内部統制実務士試験等の採点考課から始まります。第32-17回IPO・内部統制実務士試験においても、優秀な成績で多数の方が合格されることを祈念しています。このたびの採点結果で61名以上の合格者・資格者が出れば、累計1,000名に到達するわけです。2021年度から実施した資格制度で、日本の上場会社数が3,400社の状況から、その3分の1の員数を目標として参りました。今後はさらに資

残暑の8月は、お盆休みを挟み、IPO・内部統制実務士試験関係の本試験を実施する月になります。従前より、2月末・8月末が、休暇の利用などで集中して勉強できることから、試験実施月にしています。もちろん寒暖のほか、レジャーや人事異動もある季節でしょうが、第32-17回IPO・内部統制実務士試験の準備をいただき、優秀な成績で合格されることを祈念しています。なお、下期は9月末から受験者等募集を予定しています

毎年7月は「作問の決定」「講習会の開講」「教材の頒布」が集中し、多忙な季節に入ります。なお受験者等が土日を使ったWeb申込み集中の影響で、毎週月曜日の受付事務が経理事務を含め渋滞します。土日の在宅勤務も対応していますが、少なくとも受験者等の事務ミスや例外的な事務要求がないことを祈念しています。

bottom of page