top of page
グレーラウンドパターン

資格更新講習会 開催報告

第 40 回資格更新講習会 開催報告 

今回の資格更新講習会は、申込者112名(来場29名、Web受講83名、事務局等3名除く)で開催しました。次回の資格更新講座は2024年3月23日(土)に開催します。

本講習の要旨と補修について、遠隔地の通信教育受講者には、講習資料の御送付、研修会(少人数ゼミ)参加者には11月18日(土)および12月16日(土)に事務局が伝達を行います。

1.開催日時、会場の御案内
■ 講習日時:2023年11月11日(土)10時~15時40分
■ 講習会場:東京都豊島区北大塚 1-13-12 全経会館 3F 大会議室 <Web 配信受講併用>

2.講習会<講演内容> <講師御経歴、専門分野等は講習案内を参照>

(1)講演:「2023年のIPO動向とIPOファイナンス手続き等の改正」

講師:有限責任あずさ監査法人 企業成長支援本部 ディレクター 鈴木智博 様

要旨:2023年のIPOマーケットの概況とIPOファイナンス手続きの変更などの制度改正について解説いただいた。また東証の市場再編に伴う各市場のコンセプトに沿った上場先の市場選択の変化、TOKYO PRO Marketへの新規上場やステップアップ事例などの最近のIPO事例におけるトピックに加えて、開示府令の改正を受けた上場スケジュールの短縮化やプレ・ヒアリングの活用期待が高まるなか新規上場プロセスの制度改正やストックオプション税制の明確化に伴う会計面への影響についてもご説明いただいた。

(2)講演:「上場準備でCFO、監査役に期待される役割」

講師:矢治公認会計士事務所 代表公認会計士 矢治博之 様<三菱UFJ信託銀行 証券代行営業推進部 顧問、株式会社チェンジホールディングス 監査役、美和ロック株式会社 監査役>


要旨:

上場準備会社のCFOや監査役がどんな役割を果たすべきか解説いただいた。また、CFOや監査役にとって、上場準備段階そして上場後にも必要な監査法人との付き合い方についても解説いただいた。さらには、内部監査部門がそれぞれ(CFO、監査役、監査法人)とどのような距離感で関係を構築していくべきかについても学びました。

(3)報告&対談:「経営者・責任者  IPO経営報告」

報告:ESネクスト有限責任監査法人 パートナー 公認会計士 植木健太 様

要旨:

「上場体験談 IPOへの道 ― 失敗と成功 ―」をテーマとし、監査法人と事業会社でのIPO経験を踏まえて、上場前後の小規模ベンチャーの実態や裏側を報告いただいた。

対談:株式会社エディア 代表取締役社長 賀島義成 様

要旨:

経営戦略としてのIPO・M&A報告、経営管理-上場審査報告、内部統制の構築・運用・評価、経営者・CFO・管理責任者の重要業務などにつき報告いただいた。

(4)報告Ⅰ:「IPO準備/スタートアップ企業が採用する会計システム潮流」

講師:株式会社オービックビジネスコンサルタント 企業成長支援室長 堀江勇輝 様

要旨:

AI・DX化の進展や電子帳簿法への対応など業界全体の潮流を確認した上で、IPO準備や内部管理体制見直しに際して多くの企業で行われるシステム選定が、なぜ、いつ、どのように行われるかを具体的な現場に即して学びました。

 報告Ⅱ:「介護事業者BCP策定ガイド」

講師:合同会社JMCA 特別顧問 鈴木正士 様

要旨:

講師は、2024年から義務化される介護事業者向けBCP策定ガイド刊行を刊行するが、リスクマネジメント・内部管理体制の観点からBCP対応を学ぶ

報告Ⅲ「上級IPO・内部統制実務士公式テキスト2024年度改訂」刊行予告、「弊会:経営管理テキスト経営法務<第2版>」改訂予告

    講師:協会理事 事業委員会・担当委員ほか

(5)会員&有資格者 交流会・・・講習終了後、有志参加の懇親会を開催しました。

 ※・・次回、第41回資格更新講座<2024年3月23日(土)開催>で、またお会いしましょう。

bottom of page