日本経営調査士協会 協会概要 所在地図 お問合せ トップページへ戻る
日本調査士協会
概要  
  協会概要
所在地図
会長挨拶
理事長挨拶
役員名簿
事業活動報告
新会員募集
活動のご案内
会員の方へ
 
 TOP 理事長挨拶

理事長挨拶
 

理事長新年所感

日本経営調査士協会  会長(兼)理事長 中島利郎

新年を迎え会員の皆様に心よりお慶びを申し上げます。、

さて昨年は、年初からの国際情勢の不安定化、ブレグジット・米国大統領選挙・韓国の政治混乱など予想外の政治情勢などから、景況回復への模索が続きました。一方、リオオリンピック等での日本選手の活躍や、ノーベル賞の連年受賞の継続という明るいニュースもありました。ともあれ、本年が輝かしい年となるよう祈念したいと存じます。

協会事業は、引き続き資格試験を中核とした経営教育を実施し、あわせて専門家団体や企業・教育機関との協力関係による調査研究も実施しました。主要な資格教育の開発事業に際しては、会計専門家及び金融機関や専門機関の有識者の皆様から、引き続き多大な御支援をいただき、優良な公式テキストの改訂版発刊や、資格更新に関わる講座等の開講を実施できましたことに、厚く、御礼を申し上げます。

当協会の社会教育・経営教育事業も「今年60周年

を迎えますが、新年にあたり、今後も、変化の激しい時代を勝ち抜く経営教育の重要性について、その思いを新たにしています。企業経営等に従事している経営者・専門家にとっては当然ですが、常に変化する環境への対応責任が問われ、経営の意思決定は恣意的な判断が許されない時代になって来ています。そのため、経営教育の中で、法的・会計的・情報的な側面から、改めてグローバル時代の経営教育の重要性をより一層再認識して、今後の教育・資格認定の事業執行にあたりたいと考えます。

新年が、会員各位と協力団体各位の皆様方にとって、実り多き年となるよう祈念申し上げ、新年の御挨拶とします。


© 2008 JMCA. All rights reserved.