日本経営調査士協会 協会概要 所在地図 お問合せ トップページへ戻る
日本調査士協会
概要  
  協会概要
所在地図
会長挨拶
理事長挨拶
役員名簿
事業活動報告
支部活動報告
会員団体報告
新会員募集
上場・内部統制
事業委員会
学校経営支援
活動のご案内
会員の方へ
 
 TOP 会長挨拶

会長挨拶
 


名誉会長 新年挨拶


STSフォーラム 会長/公益財団法人天風会最高顧問
(元財務大臣、沖縄及び北方対策担当大臣・
科学技術政策担当大臣、経済企画庁長官 )
一般社団法人日本経営調査士協会 名誉会長 尾身幸次

平成29年の新春を迎え、会員・有資格者・協力団体の皆様に、心よりお慶びを申し上げます。

 さて、私が主宰する「STS(科学技術と人類の未来を考える国際フォーラム)」は、昨年も第13回年次総会を京都で開催し、名誉会長の安倍首相を始め、世界各国から碩学・泰斗な科学者、政財官ほか各界の指導者を約1,200名お招きして盛大に開催しました。

 主要なテーマは、エネルギー・環境及び資源、ライフサイエンス及び世界の健康、ICT及びスマートシティ、人口と食糧、科学技術及び教育、科学技術の協力等を取り上げました。

 人類が持続可能な未来を探求していくには、科学と社会とがこれまで以上に協力して、科学技術に対する人々の信頼を向上させ、個人及び社会の行動に大きな変化をもたらすことが不可欠です。そして科学者と社会の間の交流の機会を拡大するとともに意見交換の内容を改善して、人々がリスクと利益を明確に説明されるなど、十分な情報を得た上で判断をすることが大切です。さらに、STEM(科学、技術、工学、数学)教育が重要であり、上質な科学関連プログラムを開発して、科学の社会における役割について一般の人々の関心を高めるとともに情報を提供すべきで、芸術、人文科学、社会科学、政治学及び社会イノベーション、そして「企業経営(経営者の心)の在り方」も、この点で重要な役割を果たしています。

 科学技術の世界も、企業経営も、グローバル化がますます進み、一昨年のコーポレートガバナンス・コードの実施やCOSOの最新動向などを見るように、経営管理面でもグローバル・スタンダードの影響がますます広がっています。つまり「企業価値(企業の社会的な意義)」の理解も、「公開・公正・公平、社会の進化向上に役立つという世界観」を前提に考えるのが当然であって、政府(法制)の取り組みも、企業・民間(マネジメント)の取り組みも、同じ時代環境の中で進んでいると理解できます。

最後に、本年の皆様のますますの御活躍を祈念して、新年の御挨拶を申し述べます。

<御連絡>

STSフォーラム第13回年次総会の「声明文」を御覧になりたい方は協会事務局へメールください。広報用PDF版(英文・和文)を御提供します。


© 2008 JMCA. All rights reserved.