日本経営調査士協会 協会概要 所在地図 お問合せ トップページへ戻る
日本調査士協会
概要  
新会員募集
  募集内容
入会書式案内
上場・内部統制
事業委員会
学校経営支援
活動のご案内
会員の方へ
 
 TOP 募集内容

募集内容
 

会員募集内容

― 国家社会に貢献する経営コンサルタント 一般社団法人日本経営調査士協会 事業内容 ―

経営調査士/経営アナリスト/IPO・内部統制実務士 

上級IPO実務士/上級内部統制実務士


  当協会の活動趣意に賛同され、入会&資格認定を希望される方は、「入会書式案内(入会案内・入会説明書)」を参照ください。入会審査&資格認定は随時実施します。ご不明な点は「協会事務局(E-mail:jimukyoku@keieichosa.gr.jp、TEL:03-6903-4075)」にお問い合わせ下さい。

 当協会が認定する資格称号は、公益社団法人全日本能率連盟の認証資格である『経営調査士』『経営アナリスト』の2資格(協会正会員となる資格)と、会員外の方にも認定する『IPO・内部統制実務士』、『上級IPO実務士』、『上級内部統制実務士』 の3資格(協会正会員外も認定可能な資格)があります。

◎ 経営調査士は、企業等の経営管理(経理・財務)に関する高度な調査分析、コンサルティング、経営支援をおこなう。具体的には、顧問先から経営(経理)に関するこれらの依頼を受けて、経営支援・相談・助言・情報提供や事業の斡旋などを業務とするビジネスコンサルタントである。協会は、この業務を遂行する能力を有すると認めたものを経営調査士と認定する。

◎ 経営アナリストは、企業等の評価に関する総合的な調査分析、研修講師、教育訓練を行う。具体的には、情報化・国際化が著しく進展する社会の中で、複雑で多様な情報を分析・把握・予測し、問題を解決していくスキルをもって企業評価(格付)・調査研究活動並びに人材育成等を業務とする。協会はこの業務を遂行する能力を有すると認めたものを経営アナリストと認定する。

◎ 「IPO・内部統制実務士」資格は、『活動の御案内』→「IPO・内部統制実務士とは」を参照下さい。



●課 題
「経営は断続させることが第一の課題であり最大の使命です。経営を断続させるものは日々の攻撃です。防御は現にあるものを守ることであって発展がありません。攻撃は防御を含み、その上の発展を目指します。勝つか負けるかの二極化時代を迎え、攻撃が益々重要になっています。
●事 業
 一般社団法人「日本経営調査士協会」は、企業・団体・個人の経営に関し調査・分析・改善指導を行い、国家社会に貢献することを任務とするコンサルタントの全国組織として、会員の技術水準、倫理教養の向上を計り企業経営の合理化を推進して、その健全な発展に寄与することを目的とし、この目的を達成するための会員の養成、資格認定及び登録、各種研究会合の開催、会員業務に関する社会的事業、会報その他図書の刊行、その他の事業を行っています。具体的には各種研究会・研修会・研究発表会の開催、情報交換・会員交流、資格認定・資格試験、講座・研修事業、テキスト開発・出版事業、研修講師養成等の事業があります。

●資 格
協会は、正会員の資格として「経営調査士」・「経営アナリスト」(及び準会員の「準経営調査士」・「準経営アナリスト」)を認定しています。本資格は、経済産業省指導による公益社団法人全日本能率連盟「マネジメント関係資格称号審査委員会」の審査に合格し「職業資格称号」<第57号(昭和52年11月21日付通産省公報第8387号/第58号(昭和53年9月29日付通産省公報第8640号)として登録されています。

 (注)会員外にも公募する 「IPO・内部統制実務士」:上級資格/標準資格<前掲載「職業資格称号」第121号>の御案内は、『活動の御案内』→「IPO・内部統制実務士とは」を参照下さい。


© 2008 JMCA. All rights reserved.